慰謝料を請求できるケース

慰謝料を請求できる場合とできない場合があります。自分が請求したいと思っている人は、どのような状況なのかを見極めるようにしてください。請求できるケースは、確実に相手が不倫したことが証明できる場合です、不貞行為は離婚の原因になることも多いですが、不倫されたことで婚姻関係が破綻してしまった場合は、相手に離婚を招いてしまった原因があります。そうなると慰謝料を請求することができます。

慰謝料を請求相手が不倫をして自分に対する気持ちが薄れてしまったときも、慰謝料を請求することができます。相手が不倫をした結果家に帰ってこなくなってしまったり、生活費を渡してくれなくなったときも、請求することができます。3つ目は家庭内暴力があったときです。不倫をすると相手も自分に対して気持ちが薄れてしまうことがあるので、そのようなときに家庭内暴力があったら請求することができます。

多くの場合不倫されてしまったら相手が悪いので、よっぽどのことが無い限り慰謝料を請求することができますが、様々な要因が重なって慰謝料を請求することができないケースもあります。相手も様々な考えをもって請求されないようにしようとすることもあるので注意しなければいけません。

慰謝料とは

不倫をされたときに相手に請求することができる慰謝料とは、精神的な損害の賠償のことで、夫婦関係の破綻による損害を償う金銭のことを言います。特に不倫された場合、多くの人が夫(妻)や不倫相手に対して慰謝料を請求しています。

「慰謝料」とは,浮気・不倫(不貞行為)によって配偶者の方が受けた精神的なダメージや,夫婦関係の破たんなどの損害を償うための金銭のことです。この損害を賠償する責任は,浮気・不倫をした夫(妻)と浮気相手の2人にあります。

慰謝料を請求

不倫をされたときに慰謝料を請求することができるのは、相手が明確な責任がある場合に限られるということを理解しましょう。思い込みで慰謝料を請求することができなません。これは自分にも責任がある場合やどちらの責任とも言えないような場合は、不倫に関する慰謝料を請求することができないということを理解しておきましょう。

大切な人に不倫をされてしまったときに、自分が思っている以上に精神的な苦痛を感じてしまうものですが、状況を精査して確実に慰謝料を請求することができるポイントをまとめてから請求するようにしましょう。

そうすることで確実に自分が思っている金額の慰謝料を受け取ることができるようになります。そして納得した形でその後の状況を冷静に判断することができるようになります。相手を許すのか、それとも結婚している場合は離婚をするのかを判断しなければいけません。

基準が無い慰謝料

大切な人が不倫をしていたら精神的な苦痛を味わってしまいますよね。愛する人が不倫をしていたときに相手に対して慰謝料を請求することができますが、普段慰謝料とは関係ない生活をしていれば急に慰謝料を請求するケースが発生したときに、どのように対応をすれば良いか困ってしまいます。慰謝料には明確な基準が無いと言われているからこそ、自分が精神的な苦痛を感じていても、精神的な苦痛に対してどのように請求すれば良いか知る必要があります。

慰謝料実際に不倫されてしまったら明確な基準は無いものの50万円から100万円が不倫で請求することができる平均の慰謝料の金額と言われています。そして離婚をしてしまったら200万円から300万円の慰謝料が基準となっています。このように明確な基準はありませんが、自分が受けた状況に応じて慰謝料が変わってくるということを理解しましょう。自分の損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向があります。

苦痛を受けた人は少しでも多くの慰謝料をもらいたいと思っています。だからこそ多くの人が悩んでいる不倫をされた場合どのくらいの請求をしてどのくらいの金額をもらうことができるのかを理解しておきましょう。当サイトでは不倫の場合の慰謝料に関して解説をしていきます。不倫をされて困っている人、精神的な苦痛を受けた人に読んでもらえたら幸いです。そして不倫された相手とうまく和解することができて、お互いがすっきりした気持ちになって問題が解決することを願っています。