慰謝料とは

不倫をされたときに相手に請求することができる慰謝料とは、精神的な損害の賠償のことで、夫婦関係の破綻による損害を償う金銭のことを言います。特に不倫された場合、多くの人が夫(妻)や不倫相手に対して慰謝料を請求しています。

「慰謝料」とは,浮気・不倫(不貞行為)によって配偶者の方が受けた精神的なダメージや,夫婦関係の破たんなどの損害を償うための金銭のことです。この損害を賠償する責任は,浮気・不倫をした夫(妻)と浮気相手の2人にあります。

慰謝料を請求

不倫をされたときに慰謝料を請求することができるのは、相手が明確な責任がある場合に限られるということを理解しましょう。思い込みで慰謝料を請求することができなません。これは自分にも責任がある場合やどちらの責任とも言えないような場合は、不倫に関する慰謝料を請求することができないということを理解しておきましょう。

大切な人に不倫をされてしまったときに、自分が思っている以上に精神的な苦痛を感じてしまうものですが、状況を精査して確実に慰謝料を請求することができるポイントをまとめてから請求するようにしましょう。

そうすることで確実に自分が思っている金額の慰謝料を受け取ることができるようになります。そして納得した形でその後の状況を冷静に判断することができるようになります。相手を許すのか、それとも結婚している場合は離婚をするのかを判断しなければいけません。